脱毛機械

Trisom脱毛 トリズム脱毛

日本で最初に導入した理由

トリズムは、イタリアのMantis社が開発した、最新鋭のレーザー脱毛機器です。
特長としては、世界3大レーザー(アレキサンドライト755nm・ダイオード810nm・YAG1,064nm)の波長を同時に照射することで、毛質、肌質、肌色を選びません。 

また、今、主流となりつつある、蓄熱式でも従来から実績がある単発式でも、どちらでも照射することができ、お客様が感じる痛み具合や、対象部位により、照射方法を調整することができる、今までにない全く新しいレーザー治療器です。
世界中の何処で使用されていたとしても、インターネットを接続することで、機器本体の状態を本部、メンテナンス部が把握することが可能で、機器本体を常に快適な状態に保つことができます。これは今までになかった画期的なシステムです。
液体ファイバーを採用し、出力の伝達能力が極めて高いことにも驚かされました。
イタリア本社の工場を直接見学し、開発者からトリズムが誕生した経緯や、そのシステム、安全性を聞かせていただきました。
Mantis社の社長Mr.GiorgioReverberiと担当者のMr. Marco Reverberiには特にお世話になりました。
太い、濃い毛には、多少の痛みが伴いますが、従来の痛みとは比べ物にならないくらい軽減され、お客様の痛みの負担を解消できることも、導入の決め手になりました。

エステの光脱毛と医療レーザー脱毛の違い

医療レーザー脱毛

毛根周りの毛を成長させる毛母細胞や毛乳頭等に熱ダメージを与え、破壊することができる。

エステ光脱毛

エネルギーが弱いので、「脱毛」ではなく、「除毛」または「減毛」しか行えず、何度も通い続けなければならない。

世界3大レーザーとTrisomレーザー比較

アレキサンドライトレーザー
【波長】755nm 【代表的な治療器】ジェントルレース、ジェントルレースPro

日本人の肌に適しているため、多くのクリニックで導入されている。空中照射で、ジェルを使わず、冷却ガスで都度肌を冷やすため、やけどのリスクが少ない。

メリット

  • メラニン色素が多い、日本人の肌に適している
  • 細く薄い毛から太く濃い毛まで対応
  • ジェルが不要(冷却ガスを使用)
  • 顔脱毛には美肌(シミ、ニキビ)効果あり

デメリット

  • 日焼け・黒ずみ肌には対応不可
  • 太く濃い毛は痛みを伴う
  • 照射漏れが起きやすい
ダイオードレーザー
【波長】810nm 【代表的な治療器】ライトシェアDuet、メディオスター

アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの中間の波長のため、メラニン吸収率(脱毛効果)や、より根深い毛へのアプローチのバランスが良い。ダイオードレーザーは四角い形をしているため、重複照射が少なく照射漏れも少ない。

メリット

  • 痛みが少ない
  • 産毛にも対応可能
  • 照射漏れが少ない

デメリット

  • 美肌効果は得られない
  • 剛毛には効果が薄い(アレキサンドライトレーザーよりは効果が高い)
YAGレーザー
【波長】1,064nm 【代表的な治療器】ジェントルレースYAGゼオ(ジェネシス)

波長が長いため、肌の奥までレーザーが届く。そのため肌表面の日焼けに影響が少ない。太く濃い毛や深い位置に生えている毛、特に性毛と言われる脇、VIO、男性の胸毛、ヒゲに効果あり。アレキサンドライトやダイオードレーザーで対処できなかった毛質にも効果を発揮することがある。

メリット

  • 日焼け・色黒肌、色素沈着にも対応
  • 根深い頑固な毛にも効果あり
  • 空中照射でトレーニング効果あり

デメリット

  • 痛みが大きい
  • 施術後の肌トラブルが起きやすい
  • 広範囲(大きな部位)には不向き
Trisomレーザー
【波長】755nm・810nm・1,064nm 【照射方法】蓄熱式・単発式

世界3大レーザー(アレキサンドライト755nm・ダイオード810nm・YAG1,064nm)の波長を同時に照射することで、毛質、肌質、肌色を選びません。照射方法も、単発式、蓄熱式どちらでも照射する事が可能で、痛み具合や対象部位により照射方法を選択できる。

メリット

  • 肌質を選ばない
  • 毛質を選ばない
  • ほぼ無痛(蓄熱式の場合)
  • 根深い毛にも効果あり
  • 照射速度が速い(蓄熱式の場合)
  • 空中照射のため、同時にレーザートーニング(美肌)効果あり

デメリット

  • 細かい部位には不向き
  • 照射漏れが起きやすい

蓄熱式と単発式

蓄熱式
【代表的な治療器】メディオスターNextPro、ソプラノアイスプラチナム

新しいレーザー脱⽑。複数回(4〜6回)に分けて、弱くレーザーを照射するため、痛みが弱く、やけどのリスクが少ない。ダメージを与える領域は、「バルジ領域」と呼ばれる⽑根よりも浅い領域で、「バルジ」は、⽑根に栄養を与える役⽬があり、この栄養の基を破壊することで、結果的に脱⽑効果が得られる。「バルジ領域」に反応するため、⽑周期を選ばない治療⽅法としても注⽬されている。

メリット

  • 単発式に⽐べ、照射速度が速いため、短時間の施術が受けられる
  • 1回1回のレーザー照射エネルギーが弱いため、痛みが少ない
  • 出⼒が弱いため、肌トラブルが起きにくい

デメリット

  • 「バルジ領域」を破壊し、栄養源をなくす治療法のため、効果が表れるのに1〜2週間の時間がかかる
  • 新しい治療法のため、単発式に⽐べると症例数が少ない
単発式
【代表的な治療器】ジェントルレースPro、ライトシェアDuet

従来型のレーザー脱⽑。1回だけ強くレーザーを照射する。ダメージを与える領域は「⽑根領域」で、「バルジ領域」よりも深い位置のため、痛みとやけどのリスクを伴う。照射直後に効果(⽑がポップアップし、⽑⽳から⾶び出る)が出やすくい。⽑周期に合わせて忠実に反応するため、効果を実感しやすい。

メリット

  • 効果が直ぐに実感できる
  • 実績がある

デメリット

  • 痛みが⼤きい
  • 施術時間が⻑い
  • 施術後の肌トラブルが起きやすい

医療レーザーそれぞれの特徴比較

アレキサンド
ライトレーザー
ダイオードレーザー
蓄熱式
ダイオードレーザー
単発式
YAGレーザー Trisom(トリズム)
毛質 全般〇 
性毛△
産毛〇 
ひげ(男)△
全般〇 
性毛〇
産毛△ 
ひげ(男)△
全般〇 
性毛△
産毛〇 
ひげ(男)△
全般△ 
性毛〇
産毛△ 
ひげ(男)〇
全般〇 
性毛〇
産毛〇 
ひげ(男)〇
肌質 白色〇 
色黒×
黄色〇 
日焼×
白色〇 
色黒×
黄色〇 
日焼×
白色〇 
色黒×
黄色〇 
日焼×
白色△ 
色黒△
黄色△ 
日焼△
白色〇 
色黒△
黄色〇 
日焼△
痛み 全般△ 
性毛×
全般〇 
性毛〇
全般△ 
性毛×
全般× 
性毛×
全般〇 
性毛〇
施術時間 ×
照射漏れ
美肌効果 × ×
施術後の
肌トラブル
×

※「性毛」とは、脇・VIO・男性のヒゲ、胸毛を指します。