トピックス

🌞HIFU治療機器は、ウルセラ と ウルセラ以外に分かれます🌞

❓そもそもHIFUとは❓

 
 

High Intensity Focused Ultrasound

の略で、日本語では高密度焦点式超音波で
元々は前立腺がん治療に使われていた原理で、
これを顔のたるみ治療に応用したのがウルセラです。

 

 

世間で噂されるHIFU治療機器はどれくらいあるのか❓

 
 

ウルセラ、ダブロ、シーライン(ダブロのエステバージョン)、
ウルトラセル、ウルトラフォーマーⅢ、
ウルチェ、ソノクイーン、ウルトラリフト、
スマスセラ、サーマソニック、
ベロハイフ、ウルトラハイフ、、、、、、
恐らく日本に存在するものだけでも30種類ぐらいは
あるのではないでしょうか❓

 

表題にも書きましたか、
HIFU治療機器は大きく分けてウルセラ と 
ウルセラ以外のHIFU機器
に分かれます🌞

それではなぜ、ウルセラとその他に分かれるのか❓
 

ウルセラだけがなぜ特別なのでしょうか❓

 

 

超音波の焦点(凝固点)が圧倒的にウルセラは小さく、

ウルセラ以外のHIFU治療機器は大きいためです🌟

 

 

ウルセラは極小さな一点に熱量が集中されるため、
熱による変化(凝固)が大きくなり、効果が出ます✨
その効果の持続時間も半年以上と
長いことが一番の特徴です💓

 

一方、ウルセラ以外の韓国製、中国製のHIFU機器は
、一点の凝固点が大きいために熱量が分散され、
熱による変化(凝固)が、
小さいため効果もそれなりになり、
持続期間も数週間~数ヶ月持つか❓です😖

 

そのため、ウルセラは他のHIFU治療器と比べ痛みも強くなります💪

 

✔ウルセラ

✔その他のHIFU

 

 

これこそが、アメリカの厚労省FDAが、
唯一 非侵襲的 「リフトアップ治療機器」

としてウルセラの効果を承認している理由です。

圧倒的な違いは、トランスデューサー
(ハンドピースの先に装着し、直接表皮に接触する消耗品)
を表皮に垂直に接地できず、少し斜めに浮かしてしまった結果、
適切な深度に焦点が定まらず、少し浅い層に謝って照射してしまった時、
ウルセラの場合は大きなダメージ(みみず腫れ状態)を受けます😖
 

 

それに比べ、韓国製、中国製のHIFU治療器では
殆どダメージを受けることはありません。

 

そのため、ウルセラ以外のHIFUは、
看護師が施術している場合が多いのです。

 

クリニックで使っているHIFUと同じような
スペックの治療機器が
名前だけを変えてエステサロンで使用されています。

 
無資格のスタッフが治療をおこなえるのも
ダメージが少ないからです。

ダメージが少ないという事は、効果も無いのと同じです😖

 

当院では、ウルセラもサーマクールも医師のみが施術をおこなうのは、
最大限の効果を出すためと、できる限りのダメージを抑えるためです👩✨