トピックス

脇汗でシャツにシミができるとお悩みの方 ボトックスで対策しよう!

脇汗に悩んで好きな色のトップスを着られないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
トップスに付いてしまうシミは対策することで防げます。
そもそもの汗をとめるボトックスで対策できます。
本記事では、そんなトップスにシミができる原因や対策方法を紹介します。

シャツのシミとなる原因は?
シャツにシミができる原因は、主に汗や皮脂の蓄積によるものです。
衣類のシミが洗濯では落としきれずに、残って黄ばみへと進んでいきます。
汗には水分のみでなく皮脂が含まれており、体外に排出された時は透明ですが空気に触れることによって酸化し、シミとなります。

脇汗はどんなときに出る?

汗腺には「エクリン腺」、「アポクリン腺」という2種類が存在します。
脇にはこの2つの汗腺があるのです。
暑いときや運動をした時と緊張した時などによくでます。
このように脇汗は体温調節や冷や汗としてもでるので誰しもがかくものです。
「エクリン腺」、「アポクリン腺」の2種類の汗腺があり乾きにくい部位になるので、脇汗が目立って困ると悩まれる人も多くいるのです。

脇汗の対策は何がある?
脇汗の対策で代表的なものと言えば制汗剤があげられます。
こまめに拭きとれないという時に便利なアイテムです。
近年ではスプレーやシート、ロールオンタイプなどの種類も豊富です。
その他の対策アイテムとしては脇汗パッドもあります。
これは水分を素早く吸収し閉じ込めるので臭いの対策にもなります。
服に貼るタイプや肌に直接貼るタイプ、洗濯して何回も使えるタイプのものがあります。
対策アイテムとして様々な種類がありますので、ご自身の生活スタイルに適したものを選びましょう。

ボトックスで脇汗を止めよう!

制汗剤以外の対策方法として発汗を抑制するボトックス注射があります。
ボトックス注射は汗を分泌する神経を抑制するので脇に数ヵ所打つことで止めることができます。
ボトックスの効果は2~3日で現れ始めます。
この際のボトックス効果の持続期間は1回で約4ヵ月~9ヵ月です。
そのため、年に1~2回程度のボトックス注射で抑えることが可能です。
制汗剤などのアイテムを使用することもシミやニオイ防止対策になりますが、こまめな拭き取りやケアが必要になります。ワークスタイルや生活環境によってはこまめな対処が出来ない人にとっては、ボトックス注射は有効な対処法となるかもしれません。

おわりに
脇汗でシャツにシミが出来る原因とその対策方法について紹介しました。
脇には2つの汗腺があるため量が多い、ひどいなどと感じやすい箇所となります。
対策としては制汗剤だけでなく手軽にできるボトックス注射もあります。
手軽にできるボトックス注射は人気の治療です。
脇汗によるシミにお悩みを持つ方は、ぜひ一度検討してみて下さい。

LaLa clinicのボトックス注射はこちら!