トピックス

使用されることの多いボトックスの種類とその適用部位の一部

女性の方の中には表情のしわが気になっているという方が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
しわができる部位によっては老けて見える場合もあります。
年齢やコンプレックスを感じさせないようなお手伝いがボトックスで可能になります。
本記事では、そんなボトックスの使用されることの多い種類と適応する部位の一部を紹介します。

使用されるボトックスの種類

日本の美容医療で、使用されることの多い種類は高品質で名高いアラガン製のボトックスです。
アメリカ産で唯一厚生労働省の認可を受けた製品として、安全性や信頼性が高いです。
また、韓国産のボトックスもございます。
こちらはアラガン製に比べると安価ですが効果は実証済みで近年徐々に認知されております。
どちらの種類も信頼できるボトックスですが、値段などに違いがあるため患者様の適正と希望に合ったものを注入しております。

眉間のしわ

ボトックスの使用されることの多い部位の1つは眉間のしわです。
眉間の縦しわは表情しわの中でも頑固なしわと言えます。
無意識のうちに眉間に力が入ってしまう方に多い症状です。
この眉間のしわには「皺眉筋」「鼻根筋」という2種類の筋肉が関係しています。
この2種類の筋肉に打つことにより改善の効果が期待できます。

おでこのしわ
おでこを動かす癖のある人に現れやすいおでこの横しわです。
ボトックスを注入することにより、筋肉の働きを抑えるので皮膚を平らにし、若返りを促します。
この治療の注意点は眉に近い筋肉は表情に影響するのと、眼瞼下垂の方は受けられない可能性があるということです。

目尻のしわ

加齢と保湿力などの低下が原因で目尻にはカラスの足跡のようなしわができるようになります。
笑いじわとも言われますがこちらは「眼輪筋」が主に関係しております。
この眼輪筋の面積が大きいためしわも広がり現れてしまいます。
ボトックス治療を行えば目尻のしわと瞳の印象を若く見せる効果の期待ができます。
この部位での注意点は眼袋が突出していたり下眼瞼が極度にたるんでいたりする方はこの治療を受けられない可能性があることです。

おわりに
美容医療で使われることの多いボトックスの種類と適応される部位の一部を紹介しました。
しわが原因で実年齢よりも老けて見られるなど印象に関わる表情のしわをボトックスで改善することにより若々しい印象をあたえることができます。
気になる部位がある方や興味がある方はぜひボトックスをご検討ください。

当院のボトックス治療はこちらをご参照ください!