トピックス
どこが違うの?「ウルセラ」と「ダブロゴールド」

ダブロゴールドは、以前より当院で大人気のウルセラと同じく、

熱エネルギー(高密度焦点式超音波)により、切らずにたるみへアプローチできるリフトアップ治療器です。

同じハイフではありますが、「ダブロゴールド」と「ウルセラ」は何が違うのか本日はお伝えしていきます。

 

ご存じの方も多いかとは思いますが、

ウルセラはハイフの先駆け、2009年にアメリカの厚労省(FDA)に初めて認可された医療ハイフです。

安全性や効果がしっかり認められており、その反面、熱量や皮膚に与えるダメージが大きい為、

ララクリニックでは経験豊富な医師が、お客様一人一人に合わせて施術しております。

 

ダブロは2011年に韓国のHIRONIC社より誕生いたしました。

当時ハイフはウルセラとダブロの2種のみだったので、大きく反響を与え、

その後もダブロは改良を重ね、ダブロゴールドを生み出しました。

 

それぞれ、特徴の違いをご紹介いたします。

①照射温度

ウルセラ…65~70度

ダブロ…55~60度

 

温度が高ければ高いほど、筋膜に与えるダメージは大きく、

その分コラーゲンの生成や、筋膜の引き締めがたくさん起こります。

ウルセラの方が、温度が高い為、筋膜に与えるダメージは大きいものの、

その分しっかりとリフトアップ効果が表れます。

ただ、痛みは強くなるため、痛みに弱い方やハイフ初心者の方はダブロゴールドがおすすめです。

 

②効果の持続性/通う頻度

ウルセラ…6ヶ月~1年程度

ダブロゴールド…2~4ヶ月

 

①の理由から、ウルセラの持続は長く筋膜へのダメージも大きい為、

当院では、最低4ヶ月は空けての施術をお願いしており、推奨する頻度は半年~1年に一回です。

比べて、ダブロゴールドはウルセラよりはダメージが少ない為、

3ヶ月に一回程度に通って頂く事をお勧めしています。

 

年一回のウルセラと、定期的なメンテナンスとしてダブロを取り入れて頂く事もおすすめです!

 

③施術者

ウルセラ…医師施術

ダブロゴールド…看護師施術

 

ダブロゴールドは基本的に看護師での施術となりますが、

ご希望の方は+11,000円で医師施術へ変更可能です。(※医師の指名は出来かねます)

 

ダブロゴールドもウルセラも、即効性に優れ、直後より効果を実感しやすい機械ではありますが、

ダブロゴールドは効果の持続性が少し劣り、ウルセラの3分の1程度となっています。

ただ、その分お痛みが少なく、価格も安価です。

 

ララクリニックでは今なら11月30日まで限定で、

全顔+顎下500ショット ¥29,800でお受けいただけます。

 

当院のダブロゴールドは、美容医療の口コミ広場「HIFU照射系リフトアップ治療」部門、

口コミ評価全国2位の実績を持った医師が指導し、看護師が施術致します。

是非一度、新メニュー「医療ハイフ、ダブロゴールド」をご体感ください♪

無料カウンセリングはこちらです。

監修 :ララクリニック 大阪梅田院
リフトアップ担当医 松本 直子

● 来歴:平成元年 高知医科大学卒業

ララクリニック 大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4大阪駅前第4ビル2F
tel:06-6225-8855